乾物を使った料理は大好物

離乳食を始めたのが、生後7ヶ月です。 初めは、お粥だったので、順調に食べてくれましたが、少し原型が残った状態ですりつぶしたものを上げるようになったら食べてくれなくなりました。

それが生後10ヶ月でした。 当時は、離乳食を食べてくれなくても、まだ授乳もしていたので、息子がお腹を空かすことはありませんでした。

しかし、授乳をしなくなり、離乳食だけになったときが心配です。 そこで、ママ友に相談すると、味を濃くすると食べてくれるようになるかもと教えてくれました。 確かに、最初から濃い味に慣れるとよくないと思い、だしがらだけの味付けにしていました。

そこで、生後10ヶ月程度から使える離乳食を買ってきて、どの程度の味付けにしているかを確認することにしてみました。 すると、想像していたとおり市販のものが大人が食べてもしっかり味が分かるほどの味付けになっていました。

これにより、どの程度まで味付けを濃くしていいのかがわかりました。 実際に、自分でも味付けに気を付けながら離乳食を作ってみました。 早速、息子にそれを食べさせてみました。

すると、最初は、いつもと味付けが違うということで、食べるのをためらっていましたが、しばらくすると、自分好みの味付けだということがわかり、それからは食べてくれるようになりました。 まだ生まれて10ヶ月なのに、味の違いをしっかり認識しているんだなあということに感心しました。

それからは、どうやったら調味料を使わなくても濃い味になるかを研究することにしました。 そのときに、ママ友からのアドバイスは本当に役立ちました。 例えば、お茶の粉末を小さじ1杯加えるといい感じの味になるよ。と教えてもらって試してみると、本当に料理がおいしくなりました。

あとは、乾物を水で戻したときの出汁を冷蔵庫に保存しておき、それを料理に活用するといいということも教えてもらいました。 今まで乾物を料理に使うことがなかったのですが、これをきっかけに乾物も使うようになり離乳食のレパートリーも増えました。

Copyright © 2014 食べるナビ· All Rights Reserved·